資格を取って人の光になる心理カウンセラーになろう

実践的な授業が学べる

大阪医専大学では医療知識を身につけることができ、カリキュラムの中にはグループ授業なども含まれています。それぞれの学部の専門家が集まることで、より実践的な授業を行うことができるのです。もちろん資格取得に向けて勉強することもできます。

カリキュラムの特徴

男の人

柔道整復師が行う施術は医療行為であり、国家試験に合格した者だけが行うことができます。そして、指定された学校で専門のカリキュラムをこなさなければ、国家試験の受験資格を得られません。カリキュラムでは、柔道整復師として必要な知識と技能を学びます。また、学校によっては国家試験対策の授業も実施されています。

心理学の専門家となる

カウンセリング

必要となるスキルとは何か

心理カウンセラーを目指すために必要となるのは、やはり心理学は絶対です。心理学を理解できなければ心理カウンセラーそのものがわからなくなります。しかし現在では心理カウンセラーになるために必要となる資格は存在しておらず、資格がなくても活動は可能となっています。そのため資格を取らずに活動している非営利団体も存在しています。ですがそれも現在のみとなるかもしれません。なぜならこれからは国家資格が初めて心理学のジャンルに誕生するからです。現在では心理学関連の資格は臨床心理士、認定心理士、産業カウンセラー、メンタルヘルスカウンセラーなどが知られていますが、どれも民間資格となっています。資格によってなに度が変わっていきますが、基本的に習得しなければならないスキルは心理臨床についての勉強です。土の資格も心理臨床とは精神障害や心身症など心の問題や常識から外れた行動などに対してどう対応していくか、そのカウンセリング法や心理学について知識を身につけた人が取得できるものです。ほとんどの人が臨床心理士や産業カウンセラーなど取得して初めて心理カウンセラーとして活動していきます。カウンセリング法を学ぶためにとても必要とされるのが、話を聞くことです。多くの人は「話を聞くくらいできる」と思うことがありますが、実はこれは意外と難しく、普段人の話を最後までしっかり聞いている人はごくわずかだということが勉強してわかるほどです。人の心の支えとなる立場は、しっかりと勉強してスキルを身につけて活動することで活動し、信頼を得ることができるようになります。

心と体を助ける専門家

男性

体のリハビリだけでなく、日常生活を送るための技術を教えるのが、作業療法士の資格です。医療関係は専門分野の科目履修だけでなく、臨床実習なども義務付けられています。試験も国家資格なのでその試験を目指して、知識を吸収することが大切です。