Kid and Toy

キッズシューズは機能面を重視するべし|スクスク成長できるグッズ

成長に合わせて選びます

サイズに注意しましょう

ベイビー

キッズシューズは機能性とサポート性に優れています。
まだ生まれて間もない子供の足はとても柔らかいため、堅い靴だとすぐに靴擦れしたりするほか、足の健全な成長を阻害する要因となってしまいます。
そのため、キッズシューズは大人向けのシューズに比べて柔らか素材で作られているのが特徴で、運動性やクッション性に優れています。
また靴底も薄目で撓りやすい素材が使用されていることにくわえ、滑りにくいように靴底のパターンも工夫されているので安全性にも優れています。
しかしいくらキッズシューズが高性能とはいえ、しっかりとサイズがあっていないと本来の機能が発揮されないばかりか、かえって足の健康を損なう要因にもなります。
そのためキッズシューズを選ぶ際は、サイズ選びにはこだわりましょう。
ぴったりのサイズを選ぶには、試着することが大切です。
かかとをしっかり合わせて履いてみて、つま先がきつくないか確認します。
5mm程度の余裕があるとよいでしょう。
またキッズシューズのデザインは、年齢に合わせて購入することも大切です。
小学校に入学するころには、靴紐を結ぶ練習ができる紐付きのキッズシューズを購入するようになります。
しかし、保育園児や幼稚園児の場合はまだ靴紐を自分で結ぶことはできないので、マジックテープタイプのキッズシューズを利用するようにしましょう。
マジックテープタイプのキッズシューズなら、保育園児や幼稚園児でも自分で靴を履くことができるので、自立を促すためのトレーニングにもなります。

定番品が安心

赤ん坊

赤ちゃんが生まれた時に渡すプレゼントとしてはさまざまなものがありますが、衣服関係は必要になるものとして人気があります。
赤ちゃん専用に作られた特別に体に優しいものが用意されており、これらの中から選択するのがよいでしょう。
特に、キッズシューズについては、足に負担のかからないような、柔らかい素材で作られているものが人気があります。
相手の性別が判明している場合には、それぞれに合ったデザインの商品を選ぶことができるため、事前に知ることができる場合には、情報を集めておくことです。
キッズシューズは、赤ちゃん用品専門店等で販売されているものが品質も安定しており、安心してプレゼントに使用できます。
これらの商品の中で、よく売れているものを探すときには、インターネットのキッズシューズの販売状況を見ると把握することができます。
上位に来ているものは、3000円前後の商品が多く、有名ブランドメーカー商品も多く集中していることからも安心して購入できる価格帯と言えます。
もちろん、それ以上のクラスの商品もあり、より親密な関係の人や特別な時に合わせてプレゼントする場合には、より喜ばれることが予想されます。
これらの商品の評価については、キッズシューズの販売サイトの口コミ情報で確認することができます。
かなり前から口コミを見ることができる商品は、それだけロングセラー商品であることを示しており、定番品として購入の目安にすることができます。

種類が豊富な靴

ベビーシューズ

キッズシューズはシチュエーションを考えて選ぶことが大切です。
専門店に行けば様々なタイプのシューズが販売されていますが、機能性やデザインなどによって履き心地も大きく変わってくるのでよく選んで購入しましょう。
ベビーシューズからキッズシューズに変わる時には履きやすさを優先します。
これはベビーシューズに比べキッズシューズはより本格的な造りとなっているので、子供にとっては違和感が強く感じられるためです。
そのためファーストシューズは、スリッポンのように履きやすいタイプを選んであげる方が子供も早くシューズになじめるのでおすすめです。
元気に走り回れるようになってきたらハイカットスニーカーも用意しましょう。
ハイカットタイプのキッズシューズなら足首をしっかりとサポートしてくれるので、まだまだ不安定な子供の歩みもしっかりと安定します。
雨の日のお出かけに備えて長靴タイプのキッズシューズも用意しておきましょう。
長靴タイプのキッズシューズは日常で履いているキッズシューズよりも靴底の溝が深く刻まれているので、滑りやすい場所でも安定して歩くことができます。
キッズシューズはデザイン面に注目することも大切です。
子供は体が小さいためドライバーからの視認がどうしても遅れてしまいがちです。
そのため夕暮れ時や夜間にはとくに事故などの危険性も高まります。
そこで子供が道路などに飛び出した時のことも想定して、ライトに反射しやすい蛍光塗料などを使用したキッズシューズも用意しておきましょう。

子どもの足を守る

ベビーシューズ

キッズシューズとはその名の通りに子供のための靴の事で、現在では様々なデザインやサイズの物が販売されています。実際に購入する際にはデザインのみならずサイズもきちんと確認して、子供の足に合った物を選ぶ事が大切だと言えます。

もっと読む

正しい子供用靴の選び方

足

キッズシューズを選ぶ時は、歩き始めから4歳位は転倒防止と足の保護をメインに考えると良いでしょう。それより大きい子供は、足先が拡がり気味のキッズシューズを選び、靴底は適度な厚さと柔らかさを備えたものを選ぶと良いでしょう。

もっと読む

幼少期に履かせるべき靴

ベビーシューズ

子供が幼いうちは成長段階に合わせてキッズシューズを選ぶことが重要です。0歳のよちよち歩きの頃であればしっかりと支えてくれるタイプのものを、1歳を過ぎてとことこ歩きをし始めたら通気性、吸湿性に優れたものを、2歳になって走り回るようになると自分で着脱できるようなものを履かせるとよいでしょう。

もっと読む